トイレのつまり問題

トイレづまりの問題は、自分で果たして解決できる問題でしょうか。トイレのトラブル程度は自分でなんとか出来ない問題ではないのかもしれません。しかし、トイレの水が既に溢れ出している状態であの手この手を使って試すことが果たして出来るでしょうか。

トイレのトラブルは時間が大いに関係する問題なので、兎に角スピーディーにトイレ業者を呼ぶモチベーションが正しいのではないでしょうか。

トイレのつまりには前兆というものがあります。その前兆に気付けばまだ自分でなんとか対処することが出来るかもしれません。 用を足し終わってから、トイレのレバーを引くとき、まるで池のように便器のぎりぎりまで水が溢れてきてびっくりした経験はありませんか?

このようなとき、特にもう一度すぐに流そうとすれば、水があふれ出て来てしまうので注意をしましょう。水が流れるまで少し待ってみることがすべき対策です。

少しずつ水位が下がってくるなら、まだ隙間が若干ある詰まり方であり、全く変化がないのなら完璧につまっている状態です。

水位が上がっている場合、新聞紙とかビニールシートとかを用意して、周囲が水浸しにならないような対策についても考えてください。

そして、詰まっているもの取り除く作業をします。水を流した時、ゴボゴボと音がするケースでは排水管の先が詰まっている可能性があります。浴室・キッチンとトイレの汚水が一つの排管でまとまっているケースでは、排管を逆流する可能性があり、汚物が戻って来てしまう場合があります。